移転祝いの観葉植物の贈り方

移転祝いとして観葉植物を贈る際にも気をつけたい点があります。

 

その名から、移転祝いの観葉植物として人気が高いのは幸福の木です。

 

移転祝いとして観葉植物が選ばれるのは、一般的に移転祝いの定番ともいえる胡蝶蘭と比べて価格が低いこと、長く持つことが挙げられます。

 

観葉植物を移転祝いとして贈るには、贈るタイミングと大きさをまず考慮する必要があります。

 

観葉植物はあくまで生き物なので、一般的には移転当日に届くように、街の花屋さんかインターネット上の花屋さんに頼んでおくとよいでしょう。

 

ただ、移転先も当日というのは、何かと忙しくあわただしいことが多いので、移転通達が来た時点で担当者などに確認して当日に受け取れるかどうかを確認しておくとよいでしょう。

 

もし、当日に受け取れないということであれば、前日に届くようにするのが良いでしょう。

 

あまり早くに届くようにすると、枯れてしまうことや工事等が終わっていないことが懸念されます。

 

逆に、移転日以降に届けるならば、翌日以降なるべく早くに届くようにするのが良いでしょう。

 

観葉植物は鉢に入っており、意外と大きなものです。

 

そのため、あまり小さな事務所であればスペースを占有してしまう恐れがあるため、相手先に移転スペースがあるかどうかを尋ねた上で、贈る観葉植物の大きさを考慮する必要があります。

 

 

 

また、観葉植物を移転祝いとして贈るのであれば、祝札にお祝いのメッセージを添えて贈るのが、マナーのひとつと言えます。