移転祝いのメッセージについて

ビジネスシーンにおける移転祝いであれば、胡蝶蘭や観葉植物などにお祝いのメッセージを添えて贈ることが良いでしょう。

 

 

 

植物だけを贈るのではなく、お祝いのメッセージを添えて贈ってあげることは、マナーとしても重要で、より一層心のこもったお祝いの品と受け止めてもらえるのではないでしょうか。

 

 

 

一般的には植物を移転祝いとして贈るのであれば、立木や祝札にお祝いのメッセージを記入します。

 

 

 

そもそも移転祝いを贈ることそのものが、移転先での益々の繁栄と発展を願うことなのですから、その思いを物品や植物を贈ることだけでなく、文字として添えることが大切です。

 

植物や物品を贈るだけでは伝わらない気持ちを、しっかりと手書きで伝えるためにもメッセージは重要な役割を果たします。

 

とりわけ胡蝶蘭に添える立木は、縦書きでお祝いのメッセージを記入して添えることで、胡蝶蘭の豪華さをさらに引き立てる効果もあります。

 

取引先などビジネスの関係であれば、立木や祝札にメッセージを添えて贈ることが一般的です。

 

 

 

そのほか、ビジネスの関係ではなく、友人や知人、家族などに贈る場合や、植物を贈らずに物品や金銭などを贈る場合などにはメッセージカードに、お祝いの言葉を記して贈ることも有ります。

 

 

 

郵送や電報などでメッセージを贈るのであれば、移転当日に届くように手配することを心がける必要があります。

 

電報であれば、移転祝いに適した例文が既に用意されているので送りやすいです。