移転祝いの相場

移転祝いの相場は、自分たちと相手先の関係や取引状況によって変わってきます。

 

一般的には、胡蝶蘭を贈る場合は2万円〜3万円と言われています。

 

胡蝶蘭を贈る時点で、相手先とは親しい関係にあるということがありますが、もし相手先が自分たちだけでなく、他とも多く取引をしており、同じくらいの相場の胡蝶蘭が送られてくることが予測されるのであれば、他と同じように埋もれてしまうことを避けて、ワンランク上の胡蝶蘭を選ぶことも有るようです。

 

そのため、幅広く2万円〜5万円というのが相場となります。

 

胡蝶蘭は、他の植物と比べて金額的にはやや高くなりますが、その分、移転先に彩りを与えることができると一般的にはよく移転祝いに用いられます。

 

かえってあまり安い胡蝶蘭を贈ると、見栄えがせず、枯れやすい、栄えないなど、せっかくの胡蝶蘭の良さが引き立たないうえ、相手先にも良い印象を与えないということがあります。

 

金銭を贈る場合には、1万円〜5万円程度が相場だと言われます。

 

しかし、これについても、地域や、相手先との関係に応じて多少の前後は有ります。

 

しかし、1万円以下となると、あまり見栄えもしないので、最低1万円は包んだ方が良いでしょう。

 

これが取引先などビジネスの関係で無い場合、たとえば友人や知人の移転祝いということであれば、1万円〜2万円というのが相場と言われます。

 

移転祝いの場合の相場はあくまで参考として、それぞれの取引先との状況や今後の見通しなどを考えて、活用するのが良いでしょう。