移転祝いを贈るタイミング

移転祝いを贈るタイミングは、一般的には移転当日が多いです。

 

 

取引先などから移転する旨を郵便などで受けた場合には、担当者へ連絡し、移転のお祝いを口頭で伝えるとともに、移転日時を確認します。

 

もし、その際に移転日時がはっきりと確認できていない場合には、あくまで予定日で良いので、おおよその移転日を確認しておくとよいでしょう。

 

 

観葉植物や胡蝶蘭などの植物や生花を移転祝いとして贈るには、移転当日に、文字通り花を添える意味で贈ると良いでしょう。

 

しかし、移転当日は何かと忙しく、あわただしいということがよくあることです。

 

そのため、移転当日に移転祝いを贈ることを嫌がる相手先もいるため、担当者への連絡の中で、移転当日に受け取れるのかどうかも確認しておくと良いでしょう。

 

もし、移転当日には受け取れないなどの理由で当日を避けるならば、前日が良いでしょう。

 

胡蝶蘭や観葉植物などの植物は、生き物なので、あまり早く贈り過ぎると、せっかくの移転当日には枯れてしまったということも有り得るので、贈るタイミングには注意が必要です。

 

 

もし、当日、前日が難しいということであれば、翌日が良いでしょう。

 

あまり遅すぎると、マナーとして失礼に当たる可能性があります。

 

しかし、移転当日にあふれかえるほど移転祝いが届くのを避けたいという業者などもいるので、そうした場合には、その意思を確認したうえで、移転からしばらくして落ち着いた頃合いに、移転祝いを贈ることも良いでしょう。

 

一般的には、移転から2週間以上過ぎてしまったら生花ではなく、物品や金銭を贈ることが望ましいと言われます。

 

参考サイト
移転祝いの贈り方
http://www.iten-iwai.com/

 

 

移転祝いについて。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11128019416